商品選びのポイント
せんせいサポート.com > 商品選びのポイント > ベッド選びのポイント
マッサージベッド選びのポイント

マッサージベッドサイズ選びのポイント
施術者の体格や施術内容により使いやすいベッドのサイズが異なってきます。
体格に合っていないサイズのベッドは先生の身体に大きな負担がかかり腰を痛めるなどの弊害を招く恐れがあります。また、施術内容に適さないサイズのベッドもせっかくの技術を発揮できないなど多くの問題を招きます。
-
マッサージベッドの高さ選び
-
サイズの中で最も重要な項目です。
施術者自身である先生が最も使いやすい高さについてはこれといった決まりがある訳ではなく先生ご自身でお選び頂いておりますが、目安としてはマッサージなどの手技が主体となる先生であれば高さ50〜55cmくらい。針治療などを主体とする先生であれば高さ60〜65cmくらいが最も好評です。ただ先生によって体格も様々なので是非お近くにあるベッド(日常良く使う)の高さをご確認頂き最も使い勝手の良い、より疲れにくい高さをご検討下さい。
もしあと数cmの高さでお悩みの場合は一段階下の高さのベッドをお選び下さい。その訳は弊社で販売しているベッドは購入後に低くすることは非常に困難です。しかし、オプション品のプチ金具を使えば5〜10cmのアップが容易に可能です。また、電動系の昇降式ベッドも様々なニーズに対応できますので是非ご検討下さい。
弊社の高さ表記は脚部と天板部分をあわせた高さ表記となっております。
高さ表記にご注意下さい
※購入する前に患者さんの身体の厚み分高くなる事をシミュレーションし、慎重に高さをお選び下さい。
-
マッサージベッドの幅選び
-
ベッド幅は広ければ広いほど患者さんの安心感は高まりますが、あまりに幅が広いと反体側に手が届きにくいなど施術者である先生の負担が大きくなります。また一台あたり数cmの幅でも複数台のベッドが並べば相当サイズの違いが生まれます。院内の広さとのバランスなども考えお選び下さい。一般的には65cm幅が最も好評です。
-
マッサージベッドの長さ選び
-
来院される患者さんの年齢層にもよりますが、一般的には180cmの長さで問題ないと思われますが、スポーツ選手など若年層の多いところでは190cmが必要となる場合が多く見受けられます。院内の広さに余裕があれば長さに関しては大きめをお選びになることをおすすめ致します。(弊社で販売しているベッドはすべて特注にて設定以上のサイズアップが可能です。)
※足元を長くスライドできるマルチタイプベッドもご検討下さい。


その他のポイント
-
マッサージベッドの強度レベル
-
弊社で販売しているベッドにはすべて1〜5まで強度レベル表示をしております。
強度1 強度2 強度3 強度4 強度5
一本脚タイプや横揺れに強いH型脚、さらに脚部とフレーム部分が完全固定溶接されているタイプなど商品により様々な特性がありますのでご使用の目的に合った強度のベッドをお選び下さい。
一般的にマッサージなどの手技を行うのに必要な強度は2以上を目安とお考え下さい。整体などの特に激しい使用環境では強度4以上を一応の目安とお考え頂ければ良いかと思われます。また昇降ベッドでも通常のマッサージなどには十分ご使用頂けますが、強い力をかける際は最下部でのご使用をお願い致します。
-
マッサージベッドの有孔加工
-
有孔とはベッドの顔面部に穴あき加工が施されたもののことです。通常のベッドは一般的には穴の無い無孔状態ですが、マッサージやカイロプラクティックなど伏臥位を多用する施術の場合、患者様の呼吸を楽に行えるようにする必要があります。そういった場合に有孔加工が非常に効果を発揮します。さらに有孔加工ベッドにバストマットやロングボディマットを併用することで、より快適に施術を受けることが可能となります。また、仰臥位になった場合には有孔部分が弊害になりますが、有孔フタ付き仕様や治療用マクラなどで有孔部分を防ぐことで問題なくご使用頂けます。
マッサージベッドの有孔加工 マッサージベッドの有孔加工
マッサージベッドの有孔加工 マッサージベッドの有孔加工マッサージベッドの有孔加工
有孔フタクッション仕様 オメガ式タイプによる有孔・無孔クッション
-
マッサージベッドの棚付き加工
-
院内スペースが狭く、マクラなど小物類の置く場所に悩んでおられる先生には是非棚付ベッドをおすすめ致します。(オメガ式有孔DXベッド−5など)ベッドの下にレザー棚がありマクラなどの施術に必要な小物を収納でき非常に使い勝手が増します。
※ベッドにより特注で棚付き加工に変更可能。
-
マッサージベッドの角丸加工
-
従来のベッドと比べベッド天板部の角に丸みをもたせたタイプのベッドを指します。(弊社オリジナルSPバランス・セレブやマールベッドなど)少しの違いで院内の雰囲気が非常にやわらぎ又室内を広く見せる効果もあります。院内に合ったカラーと合わせてコーディネートする事で女性の患者様などに好印象を与えます。
-
マッサージベッドのクッション性
-
患者様が院内で最も長い時間を過ごすベッド。その寝心地の善し悪しは重要な要素となります。弊社で扱っているベッドはすべて適度な寝心地を兼ね備えておりますが、さらに1〜3cmウレタンを増すことでより良いやすらぎを計れます。こだわりをお持ちの先生は是非弊社までご相談下さい。先生こだわりの一品をご提案致します。


マッサージベッドのスチール部粉体塗装について
高田ベッド製作所製造の商品はスチール部に関しすべて粉体塗装を採用しております。これは一般的に液体焼き付け塗装に比べ強度・耐食性・耐候性などで非常に優れておりまた製造過程で有機溶剤を使用しないため環境にもやさしい製品となっております。
メッキ製品に関してはクロームメッキ加工にて製造しており耐久性に優れた美しい仕上がりとなっております。
・
・
・
↓

それでも迷ったら...
ホームページ掲載商品の中で特に品質・価格などのバランスが優れたおすすめ商品に、
オススメマークを示しております。是非お探し下さい。
・ ・ ・
・
各カテゴリーの商品リストページに
↓このアイコン↓

オススメ品!
・
・ ・ ・
・ ・ ・
・
各商品の詳細ページに
↓このアイコン↓
おすすめ商品!
・
・ ・ ・
会社概要 マッサージベッドのせんせいサポート.com せんせいサポート.com